100倍卓球

100倍卓球

卓球の魅力を100倍にする。

卓球における回転の特徴3~横回転編~

ご覧頂きありがとうございます。

 

今回は、横回転の特徴について説明していきたいと思います。

 

目次

  • 回転の特徴3~横回転の特徴~
  • 横回転サーブ
  • 横下回転サーブと横上回転サーブ

 

 

  • 回転の特徴3~横回転の特徴~

横回転は、横向きに強い回転がかかってのいるのが特徴で、

通常、横回転サーブのときに使われます。

 

  • 横回転サーブ

まずは、横回転サーブの動画をご覧ください。

 


横回転に対するサーブレシーブ

 

いかがだったでしょうか?

横回転サーブを出すには、右利きの選手はボールの左側をラケットでこすります。

 

横回転サーブをレシーブするときに、通常のロングボールと同じように返すと、

回転のかかっている方向(サーバーから見て右側)に飛んでいきます。

そこで、回転にあわせてラケットの角度を変えることで、狙った場所に返すことができます。

 

  • 横下回転サーブと横回転サーブ

横回転サーブでは通常、横回転と下回転を混ぜた横下回転、横回転と上回転を混ぜた横上回転を分かりにくくを出して、相手のレシーブミスを誘います。

 

横下回転サーブと同じモーションで横上回転サーブを出すことで、

相手は横下回転サーブだと思ってレシーブした場合、

オーバーミスか、ボールが浮いて相手のコートに返っていきます。

 

それでは、横下回転サーブと横上回転サーブを見て頂きます。

 


【卓球】横下回転サーブと横上回転サーブをわかりづらく出す方法!

 

いかがだったでしょうか?

横下回転サーブと横上回転サーブの違いが分かりにくかったと思います。

このようにして相手のレシーブミスを誘います。

 

横回転サーブだけでなく、卓球のサーブでは、相手にどちらの回転を出したかを分からせなくするために、サーブの動きで相手の目を欺きます。

 

この卓球のサーブも理解すれば、卓球の試合を楽しんでみることができるようになると思います。是非、意識して卓球の試合を見てください。

 

横回転の特徴の説明は以上になります。

 

ご覧頂きありがとうございました。

次回は、逆横回転の特徴を説明していきます。