100倍卓球

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100倍卓球

卓球の魅力を100倍にする。

卓球における回転の特徴5~ナックル回転編~

卓球における回転

ご覧頂きありがとうございます。

 

今回は、ナックル回転の特徴を紹介していきます。

 

 

目次

  • 回転の特徴5~ナックル回転の特徴~
  • ナックル回転サーブ
  • ナックルロングサーブ

 

 

  • 回転の特徴5~ナックル回転の特徴~

ナックル回転は、全く何も回転がかかっていない回転のことです。

 

通常、サーブでは、ナックル回転サーブ、ナックルロングサーブのときに

ナックル回転を使用します。

 

 

どういった特徴があるかというと、

通常のラリーでは、少し上回転(前進回転)がかかっています。

 

上回転がかかるほど、ラケットを当てたときに上方向に飛びやすくなります。

反対に、下回転がかかるほど、ラケットを当てたときに下方向に飛びいきやすくなります。

 

ナックル回転は、通常のラリー時の、少し上回転がかかっている状態に比べて、

すこし下回転がかかっているといえます。

 

そのため、通常のラリー時と同じような感覚でラケットを当てると、

下方向に飛んでいってしまいます。

 

ナックル回転を打つときは、通常のラリー時よりも少し上に打つ用に意識します。

 

  • ナックル回転サーブ

百聞は一見にしかずということで、まず見て頂きます。

 

ナックル回転サーブでは、ボールの回転が無回転になります(理想的には)。

そのため、ボールのマークが見えます。ボールのマークに意識して、

ナックルサーブを見てください。

 


サーブ・ナックル(無回転)

 

お分かりいただけましたか?

少し分かりにくかったかもしれませんが、少し、ボールのマークが見えました。

このように、ボールのマークが見えるということは、無回転に近いということがわかります。

 

卓球選手は、ボールのマークを見て無回転か、それ以外の回転かどうかを判断するそうです。

 

  • ナックルロングサーブ

ナックルロングサーブは、先ほどのナックルサーブよりも長く速く出すサーブのことです。

 

このサーブは、ロングサーブと同じスピードで出すことができ、

相手にロングサーブだと思わせることで、相手は打球時に下に落としやすくなり、ネットにかかりやすくなります。

 

 次の動画をご覧ください。

 


低く滑るようなナックルロングサーブを出すコツ【ペン卓球知恵袋】

 

 お分かりいただけましたか?

ナックルロングサーブでは、このように速いボールを無回転で出します。

こうすることにより、相手のミスを誘います。

 

以上でナックル回転の説明を終わります。

 

ご覧頂きありがとうございます。

今回で、卓球における回転の特徴の説明を終わります。

 

次回は、中国卓球の強さについて書いていきたいと思います。

それでは、さようなら。